37期大同期会終了報告

2014年8月16日(土)、センチュリーロイヤルホテルで37期大同期会を開催しました。来年の当番幹事に向けてのキックオフとなる会合に、ハンガリーのほか全国各地から同期82人が集結。懇親会には、池田眞佐丸先生、川本勲先生、勝藤芳子先生がご出席され、大盛況のうちに終わることができました。たくさんのご協力をいただき、準備委員会一同、心より感謝しております。

(大同期会 ~委員長あいさつより抜粋)

いよいよ来年は、輔仁会総会をはじめ諸行事の幹事を我々37期が務めます。今日を持って正式に実行委員会が立ち上がります。

6月に36期の先輩から幹事期について説明を受けた後、20人で幹事会準備会を立ち上げ、今日までに同期会の案内方法や内容を詰めるとともに、予算の中身や広告募集など約7回の打ち合わせを繰り返して参りました。

この2か月の活動を通して、輔仁会100年の歴史を再認識するとともに、幹事期の重責を痛感しました。これほどの同窓会活動は他校にほとんど無いそうです。

この活動の目的は、①母校西高の発展と在校生や未来の西高生のためであり、②情報共有を徹底しつつ、③一人でも多くの同期を集め続け、再会を果たす為です。

決して楽な活動ではありませんが、一人にだけ負担が掛かることの無いように、皆で支え合い、楽しい活動にしていきたいと考えています。一生に一度しか経験できない幹事期をまっとうし、実り多き一年としていきたいと思います。

 

札幌西高校37期 輔仁会実行委員会
委員長 福田浩太郎